2013年04月19日

熱帯魚がかかる病気

熱帯魚の病気の中では、白点病や尾ぐされ病、水カビ病などがよく知られています。


 熱帯魚が病気になっても、犬や猫のように動物病院に連れて行けるわけではありません。飼育者が自らが、診断や治療にあたらなければいけないのです。


 熱帯魚の病気の治療には、市販の魚病薬による「薬浴」を行うのが一般的です。その際の注意点としては、処方どおりの薬の濃度を守ること。


 熱帯魚の病気の原因は、水質悪化によるストレスや、水温の急変など、環境の変化によるものがほとんどです。

 ですから、病気予防のためには、日々の水質管理をしっかり行うことが大切です。
posted by FGNMM at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

熱帯魚の病気

熱帯魚の病気には、主なものとして、白点病、尾ぐされ病、水カビ病などがあります。


 熱帯魚が病気にかかっているかどうかは、体表を見て判断できるものもありますが、一般には、食欲不振になる、動作が不活発になるなどがサインです。


 熱帯魚を水槽で飼っている場合、その病気のほとんどは、人的原因によるものと言われます。

 熱帯魚は環境の変化に敏感なので、水温や水質が変わると、ストレスを感じたり、病気にかかったりしやすくなるのです。


 病気の治療としては、環境による原因を取り除いたうえで、魚病薬による「薬浴」を行うのが一般的です。

 熱帯魚を薬浴させるときには、処方どおりの薬の濃度を守ることが大切です。


 熱帯魚を病気から守るためには、日々の水質・水温管理をきちんと行うこと。

 ――基本的なことですが、それが、結果的には一番の予防策となります。
posted by FGNMM at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

熱帯魚と水草について

熱帯魚が泳ぐ水槽は、最近、駅や役所の待合室や、オフィスの一角などに置かれることも多くなりました。


 熱帯魚の色とりどりの美しさに加えて、青々と茂る水草は、私たちに癒しと安らぎを与えてくれます。


 しかし、熱帯魚の水槽に水草を植える理由は、単に、見た目が良いからという理由だけではありません。


 水草が光合成をすることによって、酸素が放出され、水質は安定します。また、水草は、熱帯魚のフンを吸収して生育するため、水質浄化作用もあるのです。


 熱帯魚の産卵期には、水草が産卵場所になることもあります。


 このように、水草と熱帯魚は、彩りの美しさを引き立てあうだけでなく、実質的にも利益のある関係なのです。
posted by FGNMM at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。