2013年04月16日

熱帯魚の病気

熱帯魚の病気には、主なものとして、白点病、尾ぐされ病、水カビ病などがあります。


 熱帯魚が病気にかかっているかどうかは、体表を見て判断できるものもありますが、一般には、食欲不振になる、動作が不活発になるなどがサインです。


 熱帯魚を水槽で飼っている場合、その病気のほとんどは、人的原因によるものと言われます。

 熱帯魚は環境の変化に敏感なので、水温や水質が変わると、ストレスを感じたり、病気にかかったりしやすくなるのです。


 病気の治療としては、環境による原因を取り除いたうえで、魚病薬による「薬浴」を行うのが一般的です。

 熱帯魚を薬浴させるときには、処方どおりの薬の濃度を守ることが大切です。


 熱帯魚を病気から守るためには、日々の水質・水温管理をきちんと行うこと。

 ――基本的なことですが、それが、結果的には一番の予防策となります。
posted by FGNMM at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。