2013年04月04日

熱帯魚用の水槽の種類と選び方

熱帯魚を飼うときには、水槽(アクアリウム)やサーモスタット、ヒーター、ろ過器、水温計など、さまざまな用具を揃えなければいけません。


 その中でも特に、水槽の種類と選び方には、気を付けてほしいものです。


 熱帯魚用の水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があり、サイズもいろいろです。透明度を維持しやすいガラス製が一般的ですが、大きいサイズになるとかなりの重量になります。


 熱帯魚の飼育初心者の方には、傷つきやすいアクリル製より、ガラス製の水槽をお勧めします。


 また、水槽の種類と選び方は、見た目だけでなく、水質管理にもかかわってくることです。

 水量の少ない水槽の場合は、熱帯魚のフン等による水の劣化が早く、水温や水質も変化しやすいため、水質管理が難しくなります。


 飼育初心者の方は、部屋のスペースが許すなら、標準規格の水槽を選ぶのが無難と言えるでしょう。
posted by FGNMM at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。