2011年09月25日

プレコを飼う際の注意

プレコとはプレコストムス(Plecostomus)の略で、ナマズの仲間の熱帯魚。アマゾン川を中心とした南アメリカの熱帯域に棲んでいます。


 プレコもほかの熱帯魚の例に漏れず、実にさまざまな種類があります。性質は一部を除いてだいたい大人しく、水槽のコケも食べてくれるので、単なる観賞用にとどまらず、水槽の掃除屋として飼う人もいます。


 プレコのサイズは種類によってさまざまですが、中には1メートル近くにまで成長するものも。そのため、プレコが成長し過ぎて手に負えなくなり、河川に捨てる人も少なくありません。しかしプレコは熱帯魚ですから、大概は冬の寒さに耐え切れずに死んでしまいます。せっかく飼うのですから、こうした可哀そうなことは避けたいものです。


 また、逆に沖縄のような暖かい場所では、捨てられたプレコが野生化して問題になっています。プレコを買う際は、そのプレコが最終的にどのくらい育つのか、きちんと確かめてから飼うべきでしょう。
posted by FGNMM at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。