2013年04月10日

熱帯魚と水草

熱帯魚が泳ぐアクアリウム(水槽)に茂る青々とした水草――。


 熱帯魚の水槽を見ると、なぜか落ち着いた気分にさせられるのは、熱帯魚そのものの美しさだけでなく、この水草によるところも大きいのではないでしょうか。


 熱帯魚の水槽に水草を植えることは、見た目の彩りが良いからだけではありません。


 水草は、熱帯魚のフンを吸収して育つため、水質を浄化する働きがあります。


 また、水草は植物ですから、光合成のときに二酸化炭素を吸収し酸素を放出するため、熱帯魚にとって棲みやすく安定した環境が整うのです。


 熱帯魚の水槽に水草を入れることは、魚にとっても、水にとっても、そして、それを見る人にとっても、メリットのあることなのです。
posted by FGNMM at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

熱帯魚のための、水槽の種類と選び方

熱帯魚が優雅に泳ぐ水槽(アクアリウム)は、インテリアとしても美しいものです。


 しかし、水槽の種類と選び方は、見た目だけの問題でなく、熱帯魚が健康に生きていくための「水質管理」に直結することなのです。


 ですから、熱帯魚を飼うときには、水槽の種類と選び方については、よく知っておかなければいけません。


 まず、水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があります。

 ガラス製はやや重いですが透明度が維持しやすく、アクリル製は軽いけれど変形しやすい、という特徴があります。


 熱帯魚をはじめて飼育する方には、ガラス製の方が扱いやすいと言えるでしょう。


 次に熱帯魚用の水槽のサイズの選び方です。


 「熱帯魚を飼うのははじめてなので、まずは小さい水槽で試してから……」と遠慮がちに言う方がいますが、じつは、水質管理は、小さい水槽の方が難しいのです。


 熱帯魚のフンによって水が悪くなるのも早いですし、水量が少なければ、当然、外界の影響を受けやすくなり、水温や水質も変化しやすくなります。


 熱帯魚の飼育初心者の方は、標準サイズ(横60センチ、縦36センチ、奥行き30センチ)の水槽でスタートするのが無難と言えます。


 熱帯魚の飼育に慣れてきたら、水草の繁茂等、自然環境を再現するための、精巧なシステムの水槽の導入を検討していってもいいでしょう。
posted by FGNMM at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

熱帯魚用の水槽の種類と選び方

熱帯魚を飼うときには、水槽(アクアリウム)やサーモスタット、ヒーター、ろ過器、水温計など、さまざまな用具を揃えなければいけません。


 その中でも特に、水槽の種類と選び方には、気を付けてほしいものです。


 熱帯魚用の水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があり、サイズもいろいろです。透明度を維持しやすいガラス製が一般的ですが、大きいサイズになるとかなりの重量になります。


 熱帯魚の飼育初心者の方には、傷つきやすいアクリル製より、ガラス製の水槽をお勧めします。


 また、水槽の種類と選び方は、見た目だけでなく、水質管理にもかかわってくることです。

 水量の少ない水槽の場合は、熱帯魚のフン等による水の劣化が早く、水温や水質も変化しやすいため、水質管理が難しくなります。


 飼育初心者の方は、部屋のスペースが許すなら、標準規格の水槽を選ぶのが無難と言えるでしょう。
posted by FGNMM at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。