2012年01月07日

ベタの種類

ベタはタイのメコン川流域原産の熱帯魚。「闘魚(トウギョ)」の別名があるように、オスには縄張りを持つ性質があり、縄張りに入るものに対しては威嚇し攻撃を仕掛けます。


 観賞魚として「ベタ」と呼ぶ場合は、正確にはベタ属の中の「ベタ・スプレンデンス」を指します。これらは品種改良され、用途や外見によって、主に以下の3つに大別されています。


・闘魚として品種改良された品種(プラガット)

・プラガットができた後、さらに色の美しさを引き出した品種(トラディショナル)

・トラディショナルをベースに血統管理を繰り返した結果、大きな扇状のヒレとさまざまな色調を持つようになった個体(ショウベタ)


 また、品種改良が加えられていない野生種のものは「ワイルド」と呼ばれ、これにはベタ属のほかの種類も含まれます。
posted by FGNMM at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

ベタとは

ベタ(トウギョ/闘魚)とは、スズキ目キノボリウオ亜目ゴクラクギョ科ベタ属(またはトウギョ属)の淡水魚。しかし、観賞魚として「ベタ」と呼ぶ場合には、特にこの中の「ベタ・スプレンデンス」を指すことがほとんどです。


 ベタはタイのメコン川流域原産の熱帯魚。現地では、大きな川や水田などに棲んでいます。ベタの主なエサは、動物性プランクトンやボウフラのような昆虫の幼虫類。


 ベタはもともとオスが縄張りを持つ性質があり、縄張りの中に入るものを威嚇・攻撃します。それは飼育しているベタでも例外ではなく、この性質を利用して2匹のオス同士を戦わせて楽しむために飼われるようになりました。「闘魚」という名前も、こうした性質からきています。


 ベタはこのように、本来は戦わせて楽しむためのものでしたが、より強い個体を求める品種改良の結果、見た目が美しいものが現われ、観賞用としても飼われるようになって、今に至っています。
posted by FGNMM at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

ティアラに行ってみよう

「ティアラ」とは、横浜(2007年はじめに町田から移転)と大宮に店舗を持つ、熱帯魚の大型店。ティアラは関東近辺では、熱帯魚の愛好家の間では、わりと安くて大きい店として有名なようです。


熱帯魚(海水魚・淡水魚)販売のティアラ

http://www.1123.jp/


 ティアラには、各種熱帯魚が取り揃えてあるのはもちろんですが、ティアラの売りのひとつが水草! ティアラでは、初心者向けの育てやすい水草から、マニアックなものまで各種取り揃えられています。もちろん水草以外にも、エサや機材、エビなど、熱帯魚の飼育に必要なものが揃っています。


 ティアラのサイトでは、熱帯魚を飼う上で役立つ情報も発信しています。興味のある方は一度ご覧ください。


アクアお役立ち情報

http://www.1123.jp/yakudachi/index.shtml
posted by FGNMM at 14:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。