2011年12月19日

熱帯魚の飼育

熱帯魚とは、言うまでもなく熱帯地方原産の魚。よって日本の風土で飼育するには、基本的にそれなりのケアが必要になります。


 熱帯魚の飼育で特に気をつけたいのは、水質・水温の管理。これらがうまくいかないと、熱帯魚の飼育の途上で、寿命が来る前に死なせてしまいます。熱帯魚の中には高価なものもありますし、何より生き物ですから、できるだけ長生きさせるように、愛を持って飼育したいもの。


 熱帯魚の飼育に不慣れな方は、購入の際に専門店で店員さんのアドバイスを受けるといいでしょう。また、熱帯魚の飼育に関する書籍やサイトなども参考にするといいですね。


 熱帯魚の飼育には、知識や設備も必要ですが、熱帯魚の様子に対する細かい心遣いが必要なこともお忘れなく。
posted by FGNMM at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

熱帯魚の飼育に必要な設備

熱帯魚はその容姿の美しさから、インテリア・ディスプレイとしても役立っています。とはいえ、熱帯魚も生き物。その飼育のためにはさまざまな設備と心遣いが必要です。


 熱帯魚の飼育に必要な、基本的な設備としては、以下のものが挙げられます。


・水槽

・ろ過器

・照明(ライト)

・ヒーター

・サーモスタット

・水温計

・底砂

・バックスクリーン

・水槽のフタ

・水槽台


 以上のような、熱帯魚の飼育に必要なものは、専門店などで買うことができますが、これらがセットになったものも販売されています。熱帯魚の飼育が初めてだという方などは、こうしたものを買い求めてもいいでしょう。そして飼育に慣れてきたら、これ以外のものを追って買い足してもいいと思います。


 熱帯魚の飼育においては、設備も大切ですが、何より熱帯魚を愛する心を常に持ち続けたいものです。
posted by FGNMM at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

熱帯魚の水槽の選び方

熱帯魚は熱帯の魚なだけに、自宅で飼うには各種の設備がどうしても必要になってきます。


 熱帯魚を飼うのに必要な設備として第一に挙げられるのが、何と言っても水槽。もちろん水槽は見た目も大切ですが、熱帯魚は生き物ですから、熱帯魚にとって棲み心地の良い水槽を選びたいものですね。


 熱帯魚を飼うにあたって、飼い主が初心者であったり飼う熱帯魚が少数だったりした場合、価格のこともあって、どうしても小さめの水槽を選びがちです。しかし、小さな水槽では水が汚れやすく、また水温や水質の変動も起こりやすいので、かえって管理が大変。ここは最低でも標準規格の水槽(横60×縦36×奥行30cm)を選ぶほうが無難です。


 熱帯魚用の水槽選びは、可能であれば専門店で店員さんと相談しながらほかの装置と一緒に選ぶといいでしょう。
posted by FGNMM at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。