2011年04月10日

熱帯魚スクリーンセーバーを使ってみよう

熱帯魚スクリーンセーバーは、リアルなものからコミカルなものまでさまざまな種類があります。選択肢はとても多いですから、人によって好みが分かれるところですね。


 熱帯魚スクリーンセーバーは、フリーやシェアウェアのものなら、「窓の杜」「Vector」などで選ぶことができます。特にシェアウェアの熱帯魚スクリーンセーバーの場合、それなりのクオリティのものを入手できるでしょう。


 リアル系の熱帯魚スクリーンセーバーなら、パソコン上でホンモノの熱帯魚を飼っているような気分が味わえます。熱帯魚スクリーンセーバーは、リアルの熱帯魚と違って世話も必要ありませんし、死なせてしまう心配もありませんから、生き物を飼うのが苦手な方は、熱帯魚スクリーンセーバーで、熱帯魚を飼っている気分を味わってみるのもいいと思います。
posted by FGNMM at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

熱帯魚スクリーンセーバー

スクリーンセーバーにはステキなものがいろいろありますが、どうせならパソコン上で熱帯魚を飼いませんか?


 「熱帯魚スクリーンセーバー」は、スクリーンセーバーの中でも人気のあるもののひとつ。スクリーンセーバーに凝る人が多いことからもわかる通り、スクリーンセーバーは単にパソコンを待機させている間の場繋ぎ(もしくはセキュリティ対策)という役割にとどまりません。スクリーンセーバーは、見て楽しめるものでなくては!


 そこでオススメなのが、熱帯魚のスクリーンセーバー。熱帯魚のスクリーンセーバーは、フリーのものから有料のものまでいろいろ。その品質もピンキリで、コミカルなものからリアル系のものまであります。この手のスクリーンセーバーはまさに「よりどりみどり」ですから、これらの中からお好きなものをチョイスするといいでしょう。
posted by FGNMM at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

プレコを飼う際の注意

プレコとはプレコストムス(Plecostomus)の略で、ナマズの仲間の熱帯魚。アマゾン川を中心とした南アメリカの熱帯域に棲んでいます。


 プレコもほかの熱帯魚の例に漏れず、実にさまざまな種類があります。性質は一部を除いてだいたい大人しく、水槽のコケも食べてくれるので、単なる観賞用にとどまらず、水槽の掃除屋として飼う人もいます。


 プレコのサイズは種類によってさまざまですが、中には1メートル近くにまで成長するものも。そのため、プレコが成長し過ぎて手に負えなくなり、河川に捨てる人も少なくありません。しかしプレコは熱帯魚ですから、大概は冬の寒さに耐え切れずに死んでしまいます。せっかく飼うのですから、こうした可哀そうなことは避けたいものです。


 また、逆に沖縄のような暖かい場所では、捨てられたプレコが野生化して問題になっています。プレコを買う際は、そのプレコが最終的にどのくらい育つのか、きちんと確かめてから飼うべきでしょう。
posted by FGNMM at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。