2011年02月13日

ベタの種類

ベタはタイのメコン川流域原産の熱帯魚。「闘魚(トウギョ)」の別名があるように、オスには縄張りを持つ性質があり、縄張りに入るものに対しては威嚇し攻撃を仕掛けます。


 観賞魚として「ベタ」と呼ぶ場合は、正確にはベタ属の中の「ベタ・スプレンデンス」を指します。これらは品種改良され、用途や外見によって、主に以下の3つに大別されています。


・闘魚として品種改良された品種(プラガット)

・プラガットができた後、さらに色の美しさを引き出した品種(トラディショナル)

・トラディショナルをベースに血統管理を繰り返した結果、大きな扇状のヒレとさまざまな色調を持つようになった個体(ショウベタ)


 また、品種改良が加えられていない野生種のものは「ワイルド」と呼ばれ、これにはベタ属のほかの種類も含まれます。
posted by FGNMM at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| ギャル | セクシー | 出会い | セクシー | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。